人気ブログランキング |

cantom.お散歩写真館

<   2010年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Taspo

おつ~かれさま
タスポできました。
ちょっとお気に入り!
e0127887_12385644.jpg

by CANTOM | 2010-05-26 12:39 | 趣味の世界

ウォレットチェーン我慢しきれずポッチ!っと

ウォレットチェーンが前から欲しくって、ヤホオクを見てると、、、。
あら~購入できそうな価格で、、、、。
重量感も300g程度あり、よさげ、、、。

ポッチ!っと

土曜日に届きました。

e0127887_1232418.jpg

by CANTOM | 2010-05-24 12:03 | 趣味の世界

osaka 出張!旨い「たこやき」めっけ!

ぜんぜん更新も出来ずにいますが、今日は大阪名物の「たこやき」
についてお勧めのお店!
関東に転勤になり早6年が経ちました。
こちらに来て「たこやき」を何度か購入し食べた事がありますが、
なかなか「これは旨い」という「たこやき」遭遇した事が無く、
家で作る「たこやき」が今では一番美味しいと感じています。(大阪では、別ですが!)
「たこやき」の作り方ですが何はともあれ半円に成った鉄板が必ず必要に成ります。
大阪の家庭には必ずこの鉄板があり、小さい頃はよく親に焼いてもらった記憶があります。
入れる具もその家庭によってさまざまですが、一般的には「メリケン粉」
(※メリケン粉という言い方も関西ならではのようです(?)。普通は小麦粉?なんでしょうか、いわゆる薄力粉
です。)
にタマゴを好きなだけ入れ(※タマゴの量を入れすぎると明石焼に成ります。)だし汁(かつおダシ)で割ります。
(関東で食べる「たこやき」には、このダシが何故だか効いていません。=味が無い)具は、それぞれですが、まずは無くてはならない「たこ」、「さくらえび」、「てんかす」(※関東では「あげだま」)、「ねぎ」、「紅しょうが」、
うちではこれに「こんにゃく」を入れていました。
焼き方については、みなさん「たこやき屋さん」で見られているので判るかと思いますので
割愛させていただきます。
関東で食べる(とは言っても、今では縁日くらいでしか食べませんが、、、。)「たこやき」で遭遇したのが、、、、「たこやき」ください~。「は~い」。出てきた「たこやき」には、ソースに大量のマヨネーズが掛かっていました。「あっ、そのまま欲しいのですが、、、。」すると店員さんが「味付けしないんですか?」って、、、。????
味は「たこやき」に付いているんでは?と思いながら「たこやき」を「す」でいただく、、、。「えっ?」味が無いのです。
「メリケン粉ボール」でした。で、店員に「すいません、ソースとマヨネーズお願いします。」結果は言わなくてもお判りかと、、、。
とっても嫌な顔をされて、対応してくれました。
「最初に出した状態ですよ」って言われながら、、、。「すいません。」常識が違いました。
「この店には2度と行きませんでした。」、、、、。あと「京だこ」なども邪道ですね、周りが「カリッ」としているのは「油」のせい。あんな「油」を大量に掛けた「たこやき」はどうもいただけません。かろうじて「くるる」が行けますかね?「ただ、ここも黙ってるとソースにマヨネーズですがね、、、。」とは言いましても、最近では大阪でもマヨネーズ掛かっているお店が多いですが、、、、で、最近梅田東通商店街でふとしたことから美味しい「たこやき屋、かりとろさん」を見つけましたので、紹介します。
紹介するまでえらい長文に成りましたな~っ!
大阪梅田東商店街 サウナジャパン横 「たこやき」専門店 「カリトロ」さん
e0127887_17545517.jpg

「たこやき」そのものをそのまま食べるのも良し!ポン酢でいただくのもイケル!
まずは、そもまま葱を大量にのせて頂いていただくのがお勧め!
そのままが飽きたら、ポン酢や醤油、ソース、マヨネーズも有ったりします。
6個300円と価格も手ごろで、小ビールとのセットで500円、中生セットでも750円と安価です。
大阪に行ったら一度は行ってください。
私の名前を出すと、小生セット500円のところ500円、中生セット750円のところ750円です。
とっても忙しいお店ですので、焼けるまでに少々時間を要しますが、表面がカリっとしていて、中身がトロっとしておりとっても美味しいです。カリっと、トロっでお店の名前も「カリトロ」ですね、、、。
by CANTOM | 2010-05-14 17:58 | 仕事・出張